バックアップ先として使うファイル共有サービス

ファイル共有サービスは一時的にファイルを置く場所として利用する以外に社内のバックアップ場所として使うこともできます。ファイル共有サービスは容量によってコストが決まりますので日々のバックアップ先としてはコスト高と考える企業も多いですが、定期的にバックアップを行いながら、定期的位古いファイルを消していくということも可能なサービスも用意されており、この場合は思った以上にコスト高にならなかったという企業も多いです。

バックアップは社内で専用のサーバやNASに保存するという会社も多いですが、メンテナンス要員を用意できない場合にはいざというときに使えないバックアップが行われていることも少なくありません。

また、長期保管する場合、テープやDVDが使われることが多いですが、永遠に必ず保存される媒体でもないのでクラウド上でメンテンスされ他ハードウエアにとっておいたほうが良いです。共有サービスはコスト面で厳しいという場合でもサービスによっては読み出しに時間がかかるが長期保存をした際にコスト面で格段に下げるサービスも登場しています。



このサービスでは読み出しに数時間かかるのですが通常の月額料金の数十分の一という料金で保管してくれます。

All Aboutの特徴をご紹介するサイトです。

また、大きなサイズを借りれば1MBあたりのコストも安くなりますので社内サーバを減らす、全廃して購入コストとメンテナンス人件費を削除してクラウドサービスに全面的に移行してコストを大幅に下げたという企業も少なくありません。



Copyright (C) 2015 バックアップ先として使うファイル共有サービス All Rights Reserved.