Skip to content

バイク名義変更代行を利用して楽々名義変更

バイクを人に譲渡したり、個人間で売買する時、当然名義も新しい持ち主に変更する必要があります。実はこの名義変更、原付バイクと軽二輪車と小型二輪車で手続きが違っているのをご存知でしょうか。原付バイクの場合は、バイクを手放す側が一旦廃車の手続きを市役所等で行なう必要があります。その廃車証明書と自賠責証明書、譲渡証明書を新しい持ち主に渡すことになります。

軽二輪車の場合は市役所ではなく、ナンバーを管理している陸運局に届け出ることになります。その際の手続きは書類だけで可能です。ただし、名義変更をする場所は新しい所有者の住所を管轄している陸運局である必要があります。小型二輪車の場合も陸運局で手続きをすることになります。

その際、車検が切れていると車検を通さなくてはならないのでバイクを陸運局に直接持ち込まなくてはなりません。どの手続きも、売り手と買い手以外の人に代行してもらうことが可能です。バイク名義変更も請け負う行政書士事務所や、バイク名義変更代行を専門に行なう業者もあります。依頼する業者によっては自賠責保険の加入手続きや新しいナンバープレートの手続き等も含めて行なってもらうことも可能です。

平日は忙しくて自分で市役所に行ったり陸運局に行くのは無理、という方は、バイク名義変更代行業者に依頼して手続きをしてもらうことも多いようです。ただし、小型二輪車をバイク名義変更代行の業者等第三者に依頼する場合は委任状が必要です。委任状はインターネットからダウンロードすることができますので、忘れずに準備しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です