ファイル共有の個人と企業の違い

ファイル共有サービスは個人向けには無料で提供されていることもあり、利用が進んでいます。

それに対してビジネス向けのファイル共有サービスはまだま利用者が少ないようです。

一般的に個人向けと企業向けのファイル共有サービスは値段以外にもさまざまな違いがあると言われています。


個人向けと企業向けのサービスの一番の違いはファイル閲覧機能です。
個人の場合は自分で利用するだけなのですべて閲覧できますし、書き込めます。しかし、ビジネスで使う場合には利用者に権限をつけて、読めるけど書けない、読めて書けるけど削除ができないなど各種のセキュリティが必要となります。



ビジネス向けサービスは個人向けに比べて割高ということも多いですが多くはこの機能があるので高くなるようです。

ビジネス向けサービスではこのほかに更にセキュリティを強化することができるサービスも登場しています。

セキュリティのアップでよく行われるのが利用PCの制限です。
PCに印をつけて、決まったPC以外からのファイルアクセスを制限する機能です。

また、会社全体でのセキュリティを向上させるために決められたIPアドレス以外でのアクセスを禁止することも可能です。
それぞれ閲覧制限をつけることは行われてきましたが、アクセス制限はビジネスサービスに特化した機能と言えます。

NAVERまとめの専門知識を身につけましょう。

また、このほかに転送路の暗号化はもちろんですが、転送する物体にも暗号化を行って決まったPC以外で開けない、開いても意味が無い文字が並ぶようにさせることもできます。



Copyright (C) 2015 ファイル共有の個人と企業の違い All Rights Reserved.